上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しぶかわ/すこ350様情報ありがとうございました

JR東日本 復活するSLが決まったようです。
今から楽しみで興奮気味です。ぜひ!ファーストランに乗りたいです。

せっかく復活するのですから、運行の邪魔になるような行為は絶対に許されません。

線路立ち入りとか・・・こういう事↓恥ずかしいです。
JR東日本 新潟支社公式HP 「鉄道ファン」の皆様へのお願い

皆で盛り上げていきていですよね。
(D51も戻ってきますように)

以下毎日新聞 記事より


SL:展示のC61復活、37年ぶり運行へ…JR東日本

復活運転をめざして解体復元作業が行われる予定の「C61」=群馬県伊勢崎市内で SL(蒸気機関車)の再生計画を進めているJR東日本は、群馬県伊勢崎市の公園に展示されている「C61」を復活させる方針を決め、近く本格的な点検作業を始める。イベント用や季節列車としての活用を検討しており、11年春には37年ぶりの汽笛が聞けそうだ。【斎藤正利】

 SLの復活は99年に磐越西線(新潟、福島県)で「C57」が季節列車「ばんえつ物語号」として運行を始めて以来、12年ぶり。

 JR東日本は「貴婦人」と呼ばれる「C57」と「デゴイチ」の愛称で知られる「D51」を持っているが、いずれも季節運行や各地のイベントなどへの引き合いが多く、すべての需要に応えられない状況という。

 このため、保存状態の良い車両の情報を集約し、アニメ「銀河鉄道999」のモデルにもなった「C62」など12件を対象に再生を検討してきた。そして、同社が譲渡し、伊勢崎市が管理する「C61-20号機」の復活が可能と判断した。

 「C61」は東北線最初の特急列車「はつかり」をけん引した名機関車で、1947~49年に33両製造された。自動給炭装置を備えた近代的なSLで、力強さとスマートな足回りが特徴。長さ20メートル、幅約3メートル、重さ78トンで、動輪の直径は1.75メートルもある。最高速度は時速100キロ。ブルートレイン(寝台特急)「はやぶさ」などもけん引し、東北、奥羽、鹿児島各線などを走った。74年、日豊線の延岡-南宮崎間を最後に姿を消し、翌年廃車になった。

 20号機は部分解体してトラックでJR東日本大宮総合車両センター(さいたま市大宮区)に運び、修復する。作業は約1年かかり、メンテナンス専用の施設建設費を含め、費用は約3億円と見込む。同社の担当者は「家族連れに楽しんでもらえるよう、万全を期したい」と話している。

毎日新聞 2009年6月10日 15時00分(最終更新 6月10日 15時22分)

24254367_1179026204.jpg

(ツ _ _)ツ))(ランキング参加しています。ポチありがとうございます。)
にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
















TrackBackURL
→http://slmusume.blog23.fc2.com/tb.php/69-73c52867
<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。