上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SLで有名な大井川鉄道の終点、千頭駅から井川線という鉄道が延びている。

南アルプスの山懐に分け入る知る人ぞ知る山岳鉄道のひとつ。

線路の幅はJRと同じですが、狭い山あいを縫うようにして走る為、車両は小さい。

終点の井川までは延長約25km。トンネルと鉄橋が
3分の1を占め、車窓からの景色はときに息を飲むような絶景

一番の特徴は日本唯一(営業線)のアプト式区間を持つ事です。

千頭を出発して約30分でアプトいちしろ駅に到着。

列車最後尾にED90型が連結される。
次の長尾ダム駅までは1000m走って90m標高を上げる急勾配。

12両連結でいうと一番前と一番後ろで10mも高低差ができる急な坂です。

車輪とレールの間に発生する粘着力だけでは上り下りできないため、線路中央部に敷設した複数のラックレール(レールの間に複数のギザギザのレール)に機関車のピニオンギア(機関車の歯車)を噛みあわせて走る。
これがアプト式

ED90はアプト7、車輪3の割合でパワーを発揮して、いきなりの胸突き八丁を駆けあがっていく

ラックレールにピニオンギアが噛む力強い音が床下から伝わってきます。

線路を振り返ると一般の鉄道ではお目にかかれない急勾配が見られます。

井川線運行のもう一つの立役者はレールにまかれた滑り止めの砂
全線で1年間にダンプ1杯分を使用しています。

千道から井川運賃:1280円



ではでは・・・・説明も済みましたので
<(_ _*)>

前回に引き続き、奥大井湖上駅をもう少し・・・・(笑)

次の停車駅は~奥大井湖上~
(^|0|^)


29559127_1055121889.jpg


ハイキングコースなので鉄橋歩いてOK(線路でもある)


29559127_961604903.jpg

幸福の鐘。鳴らし過ぎると妖精が怒ると書いてある


29559127_870770602.jpg

橋の上からの眺め。まさに湖上


29559127_313880752.jpg


井川線の駅はだいたいこんな感じが多い・・・

29559127_1436353587.jpg


橋梁はなんと55か所 !

29559127_12952089.jpg




29559127_3327227772.jpg



 アプトいちしろ駅


29559127_2116852893.jpg


29559127_2077759595.jpg






アプトいちしろ駅では連結を見学出来る。

後ろも忘れずに振り返ろう
駅の後ろにはこんな景色が待っています・・・・



26369535_3935591123.jpg

お父様方
一番前の席がお勧めです!!

26369535_3279935580.jpg

トンネルはなんと!61か所!!


26369535_1828325028.jpg

26369535_1437066964.jpg



26369535_401760351.jpg

路線距離(営業キロ):25.5km
軌間:1067mm
駅数:14駅(起終点駅含む)
複線区間:なし(全線単線)
電化区間:アプトいちしろ駅 - 長島ダム駅間(直流1500V)
閉塞方式:特殊自動閉塞式
トンネル:61か所
橋梁:55か所


Wikipedia 井川線

そうそう・・・・
新金谷駅から千頭までのSL乗車もお忘れなく~


つづく・・・・・


ランキング参加しています
下記バナーをクリックして頂くと
元気に動きます。
どうぞよろしく

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

にほんブログ村 鉄道ブログへ


*いつも温かいコメントを頂戴し、感謝申し上げます
当方はイタズラ防止のため、コメントを認証制にしております。
表示にお時間がかかりますのでよろしくお願いいたします。














Secret

TrackBackURL
→http://slmusume.blog23.fc2.com/tb.php/32-aea3fc08
<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。