上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JR東日本などJRグループ7社は2日、鳩山政権が掲げる高速道路の無料化について、温室効果ガス排出量の増加や鉄道利用者の減少などが想定されるとして慎重な対応を求める要望書を国土交通省に提出した。

 要望書は今春から実施されている高速道路の「上限1000円」割引が温暖化問題や利用者数の増減に与える影響などを試算した。温室効果ガスの排出量は、一般道から高速道路への乗り換えだけをみれば減るものの、走行距離の延長や他の交通機関からの乗り換えなどによる増加分を加えると最終的に年間204万トン増加するとしている。

 高速道路の利用者数は割引を実施しなかった場合より36%多く、鉄道の利用者数(首都圏、京阪神圏内を除く)は6・6%少ないと予想した。

 要望書は「高速道路網と競合関係にある地方圏の鉄道ネットワークに大きな影響が生じる。地域の足として担うべき社会的役割を果たせなくなる」と指摘した。


割引サービスは嬉しかったけど、無料はちょっと・・・・
そのお金は国民の税金で負担ですしね。
頑張れJR!頑張れ鉄道!


3_20091003001849.jpg
2009年9月9日撮影

ランキングに参加しています下記バナー↓クリック応援よろしくお願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ

*ニュース記事はコメントをOFFにしています

<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。