上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.28 キハに乗って
SLに乗車した後に折り返し釧路から列車に乗り込んだ私達

何度も何度も電車は止まる

彼らが線路に居るから・・・

まるで人間の行く手を阻むかのように動こうとはしない
「ココハ ワレワレノセカイ」

家族だろうか?
心配そうに見守る者も居る
「じっ・・・」とこちらを見る目は悲しげだ

そう・・・
この路線は釧路湿原の中を通っている。
彼らの抗議なのかもしれない。

何度も停車しますが、
「早くして」とはだれも言わない
「お邪魔しております」という気持ちで乗車したい。
隣の女性から「山に餌がないのかね?かわいそうに」という声が。
あたたかい人・・・
そういう気持ちは本当は当たり前の事なのにね。
誰もが自分の事に大変で忘れがち。

IMG_4650.jpg


これからも暖かい気持ちを乗せてゆっくりと走ってほしいな


IMG_4654_convert_20100209204112.jpg

釧路湿原に行かれる方は皆こんな光景に出合う事でしょう
彼らはいつまでも私達を見つめていました

IMG_4740.jpg

IMG_4738.jpg





さて本日は撮影で忙しくて食事をする暇もない方必見
おなかをすかせて釧路空港に到着した私
3階のレストランをウロウロすると・・・

あるお店のメニューに注目
「エゾ鹿のステーキ」

Yちゃん  「さっき見たやつ?・・・・・・・・・・(T△T)」

sakura「そうだよ・・・・・・・・・・・・・・(T△T)」


お前は牛や豚を食わないのかという屁理屈は受け付けませぬ・・・

沈黙の後お隣のお店にダッシュ

CIMG0864.jpg

カニのかきあげ丼(1200円)はボリュームたっぷりで美味しかったです
(カニならいいのか・・・という屁理屈も受け付けませぬ・・・ちゃんと残さず頂きました。)

CIMG0854.jpg

このほかにいくらとサーモンのどんぶりとイカのルイベも美味しかったです。
CIMG0852.jpg


他にもお弁当もあるので時間がない方はどうぞ
眺めもなかなかですよん

CIMG0866.jpg

趣味で食事をする暇がないなんてほんとうに贅沢ですね(-"-;A ...
私の敬愛する獣医さんは忙しくて365日無休で1日1回5分しか食事時間を取りません。
先生どうかお体に気をつけて
敬<(_ _)><(_ _)><(_ _)>礼


ランキング参加しています
下記画像をクリック応援お願い致します↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
*コメントはイタズラ防止の為表示にお時間がかかります。ご了承下さい

























スポンサーサイト
2010.02.22 細岡の勇者達
皆さまこんばんわ
毎度北海道ネタですみません
(・・。)ゞ テヘ

湿原号に乗車した時、地元の方に話しかけられ数人と盛り上がりました
その際「SLを撮りにきました」
という話をすると「釧路川の鉄橋で撮るといいよ」
と言われました。
「二本松は?」
と聞くと「とんでもない!5人くらいしか入れないし雪道あるけないでしょ?!」
と言われました。他にも候補を挙げましたが、私のレンズでは難しいとのこと・・・・
北海道はでっかいどうでした・・・・
Σ(T□T)でも鉄橋はイやなの・・・・

という訳で、新夢ヶ丘で一緒になった方が行くと言っていたところに行く事に。

通常では徒歩20分とネットに書いてあったのですが、私はのろいので1時間前に出発することにしました。
他の方はまだ車内で待機している模様。
私が車から降りるとニコニコと男性2名が話しかけてきました。

Kさん達:「あの~道がわからないわけではないんですが、一緒に歩いてくれませんか?」と・・・
こちらは「道がわからない」ので願ったりかなったり。

Kさん達「実は・・・あそこにクマごろうがいまして・・・いつかやられるのではと怖くて・・・」

sakura:「えっ!!くっ熊!??( ̄[] ̄;)!」
(一応熊鈴を持っていた)

Kさん達「いえ・・・犬です。熊ごろうは私がつけたあだ名ですぅ・・・飼い主さんが放し飼いにしていて・・・そこを通らないと行かれないんです!でも美人がいれば犬もおとなしいかと思ってぇ」

sakura「(; ̄ー ̄Aイケニエですか・・・・?」


というわけで・・・「sakuraもおだてりゃ木に登る~ブー」
まんまとおだてられて先頭切ってあるきましたよ(笑)

私が出発すると、ゾロゾロと人が出てきました。
私はジャンヌダルクかって・・・・(笑)
≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノフォローミー!!
(寒いので待ち時間を短くするためにみなさん時間を計ってだいたい同じ時刻に出発する)

肝心の?クマごろうはお留守でした。

ここは「野犬が出る」という噂のようですが、飼い犬です。飼い主さんの私有地のようですので車では入れません。徒歩で通らせていただきます。

本来「野犬」っていうのはいません。犬や猫は野生動物ではないので、野うさぎなどと違って自分一人では生きていかれません。迷い子か捨てられたという事です。ただ懸命にそこで生きようとして野犬や野良と呼ばれるだけ。悲しい事。ペットは終生面倒をみるのが人としての義務です。


今回の旅ではここが一番の難所でした。
雪が深い・・・・深すぎる~~
時には腰あたりまで埋まります。這いつくばって抜け出す。

団子虫や芋虫君達はとても優雅な動きなのねぇ・・・
私の不様さったら無いわ・・・
と心の中でブツブツ・・・・
大人の男性も皆埋まって苦戦を強いられていました。
かんじきを持参すべきでしたが
幸い私を含めどなたも完全武装の為
笑いながら・・・埋まりながら・・・ぜぇぜぇしながら・・・なんとか丘の上に。

冬ここに軽装で来たら笑われるね。

本当につらかったけどね・・・・人生で一番ツライ遠足だったけどね。でも行ってよかった

IMGP7620.jpg

4_20100222211224.jpg

寒くて三脚は凍りつくし、色んな物が凍って割れる程寒かったです。

さて・・・・もう来るだけで全力を使い果たしたのに・・・・
帰らなければいけません。
先頭集団は遥か彼方へ・・・・


CIMG0774.jpg

実は行きで転びすぎて股関節の筋を痛めたようで足が上がらない。
雪が深いので足を上げないと前に進めません。

のろのろと歩く私をYちゃんは
「ゾンビみたいな動き」
「貞子みたいな立ち方」と面白がって写真やビデオを撮りまくり(笑)
楽しそうなので足の事は話さない事に。

CIMG0769.jpg

CIMG0770.jpg

CIMG0773.jpg

絵的におもしろいですが、本人は「諦めたら死だ・・・カリン様を置いて死ねない」とブツブツつぶやいて必死(笑)

IMG_2642.jpg


この時最後尾に居た方が何度も振り返って居たのを私はしっかり見ていた。
この方は他の山でも私を見ていてくれたナイトのNさん

最後の直線・・・・
( p_q)

CIMG0786.jpg

もう誰もいない


「死ぬかと思った!!」
と言いながら車に戻ると

Kさん達が駆け寄って来た

Kさん達:「遅いので心配しましたよ~ごあいさつしないと帰れないと思って」
sakura「(T-T*)・・・・ウルウル」

そしたら後ろからナイトのNさん登場
Nさん「直線に入ったから大丈夫だと思ってました。あとはゆっくり来るのかなと思って」
sakura「(T△T)感動・・・!」

遅れる事約30分
一時間かかって戻って来た私達を
3名も待っていて下さった。

今回の旅ではこのような暖かいお気持ちをたくさんの方に頂きました。

「またいつかどこかで」
と去って行かれましたが、本当にまたいつかお会いしたいです。
o(T^T)o今回の撮影旅行は「人」の勝ち

後輩を見守ってくださるかっこいい鉄道ファンに乾杯です。
頂いた優しさは一生忘れません。
゚・:,。★\(^-^ )♪ありがとうございます♪( ^-^)/★,。・:・゚

IMGP7901.jpg


そうそう・・・
現地でお会いした50代くらいの方は皆
口ぐちに「もう歳だからあと数年しか撮れない」って私におっしゃるの。
でもね、「とんでもない!」。
まだまだ30年は現役で大丈夫ですよ。
何かに一生懸命な姿って年齢関係なくカッコいいです
これからも一緒に楽しみましょう
(v^ー゚)☆


ランキング参加しています
下記画像をクリック応援お願い致します↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
*コメントはイタズラ防止の為表示にお時間がかかります。ご了承下さい


















こんばんわ
本日は乗車への誘惑を・・・・

たんちょう釧路空港へ到着。そろそろ湿原号が発車する時間。
でもあわてない・・・あわてない・・・・
(↓剥製ではなくリアルな木彫りよ♪)
CIMG0850.jpg

釧路駅に行って時刻表をもらい、乗車する茅沼駅に向かう。
鶴を鑑賞しながら列車を待ち、返しの便に乗車するという計画です。


途中の塘路湖付近は特に多くエゾシカがたくさん見られます。
大きな国道が湿原や湖を横断しているので、エゾシカも横断の為に飛び出して来ます。
私の車の前にも飛び出してきました。
∑(; ̄□ ̄A

動物の生活エリアですのでこれから行かれる方はスピードを控えめに安全運転でお願いしますね。
逃げない子もいるので停車して下さい。
どのみち追っかけではいい場所を取れませんので余裕を持った計画を立てて下さい♪

EPSON001_20100213234736.jpg

EPSON002_20100213234736.jpg

噂の茅沼駅に到着
CIMG0703.jpg

ほっ・・・・本当に丹頂がいる
IMG_4461.jpg

脅かさないように遠くからドキドキしつつ眺めました。
IMG_4460.jpg


まもなく遠くから汽笛が聞こえてきました。

ホームでゆったりと汽車を待つ時間は久しぶりでドキドキしました。
人の居ない駅で丹頂と汽車を待つゆるやかに流れる時間はとても素敵でした。
(こんなところから乗る人は居ないらしい)

3_20100214003154.jpg

私の客車は「オハ 14526」
途中乗車なので座ってる暇はない・・・・

車窓は絶景とエゾシカ達。
私達は喜んで眺めていますが、電車の犠牲になる子も少なくないとの事。申し訳ない気持ち。

蒸気を追いかけて山に入るようになって以来人間と動物や自然との共存とか考えるようになりました。
どこでも人間が入ったり全てを奪ってはダメ。ちゃんと境界線がないとダメですね。出来る事からコツコツと実践していきたいですね。

IMG_4499.jpg

2号車でお土産を購入。 一万円ちょっと・・・・
(乗車しなければ買えません)
IMGP7510.jpg

CIMG0880.jpg

CIMG0881.jpg

車内をうろうろすると・・・・
なんですか?この素敵な空間は!?
ヽ(^◇^*)/
「ヨ 4647」と書いてありました


2_20100213234609.jpg

向こうに見えるのはも・し・や!?

IMG_4619.jpg

まさか・・・ここはあの最後尾に付いていたあれですか?

IMG_4812.jpg

出ていいなんて・・・ないよね?
山口線もダメだったもん

って・・・・・いいんですか!?
O(≧▽≦)Oありえなーーーーーい!!
煙バホバホだし(昇天)
ドラフト音すごいし・・・汽笛・・・・(失神)

IMGP7478.jpg

IMGP7491.jpg

IMG_4609.jpg

1_20100213234609.jpg

せっかくスルメを焼いたのに・・・・食べる暇もない

CIMG0712.jpg

私が絶叫しながらいつまでもデッキに居たのは言うまでもなく・・・・
顔が煤だらけでうれし泣き
最高の体験でした(同じような写真ですみません)
IMG_4594.jpg

コンデジしかなかったので、音も汚いですが動画で少し臨場感をお届け。
(3月7日まで走ってます)



下記バナークリックして下さるとうれしいです↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
コメントは表示に時間がかかりますのでよろしくお願い致します







丹頂は?というコメントを頂戴いたしましてありがとうございます

冬の湿原号といえば丹頂

でも私が撮れたのは・・・・・SLの看板と鶴(笑)

IMG.jpg


キハと丹頂
(手前の障害物が邪魔ですが、動くと怖がるのでここで・・・・)

brog04_convert_20100209203452.jpg

brou03_convert_20100209203621.jpg

楽しそうな丹頂

IMG_4840_convert_20100209204254.jpg

引きの強いYちゃんの撮影ポイントの前を丹頂がトコトコ・・・・
っ・・・羨ましい!

IMGP7785_convert_20100209204337.jpg

IMGP7798_convert_20100209204417.jpg

現地で仲良くして下さった方・・・
名前を伺っていないので仮にCさん
「丹頂くるといいですね」
と話し掛けると
「それは宝くじに当たるようなものだねぇ」
っておっしゃっていましたが・・・・
多分いい絵が撮れたのでは?いい笑顔でしたもの
(*゚▽゚)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゚▽゚*)

下記バナークリックして下さるとうれしいです↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
コメントは表示に時間がかかりますのでよろしくお願い致します


SL冬の湿原号を追いかけて・・・・
釧路湿原にて氷点下20度の世界の俯瞰にチャレンジしてきました。

まず初めに
皆さまご無沙汰しています。
猫の病気が心配でなかなか来られずにいました。
御蔭さまで何事もありませんでした。
温かいメッセージに励まされました。ありがとうございます。
IMG_0752.jpg


さて・・・・
カリン様がご病気でないと分かった瞬間に元気になった私はフラダンスの発表会をこなし
母にカリン様をお願いし・・・・(私大好きカリン様はガ~ン・・・・)

カニでYちゃんを釣って釧路へ飛んでしまいました
((((((((((((((((スタタタタタッ ヘ(* - -)ノ
CIMG0673.jpg




天気は晴れ
装備も万全♪(* ̄ー ̄)v

<冬の北海道待ち時間対策>
スノーボード用ズボン2枚重ね
ヒートテックタイツ2枚重ね
スキー用靴下
ヒートテックシャツ3枚重ね
ニット2枚重ね
スキー手袋
サングラス
帽子
ダウンのコート
長靴と滑り止め

着すぎで若干動きづらかったのですが、北海道の冬は初めてなので沢山着ました。
かんじきを忘れたのは痛かったです。行かれる方はお忘れなく・・・

ポイントを探して車から降りるとおじ様方が寄ってきてイキナリ服装チェック!
「かんじきないの?まぁ・・・そのくらい準備してるなら大丈夫だろ。危ないし皆で行こう」
初めての私は地獄に仏・・付いていく事に。
先輩方かっこいい~
(* ̄∇ ̄*)トコロデドコイクノ?

数名で雪中行軍開始

鹿の足跡と人間の足跡↓
CIMG0733.jpg


初めは先頭に遅れずに歩いていたので鼻歌まじりで景色を楽しみながら歩きました

そのうち膝まで雪の積もった山登りが待っていました。
ぜぇぜぇ・・・・足を取られ転ぶ転ぶ・・・!
歩いても歩いても先頭は止まらない。ゴールはどこだろう?
*o_ _)oバタッ

「あなたの趣味でしょ」
と興味なさそうだったくせにYちゃんは懸命に先を歩いて行く

結局私は取り残されてぽつ~ん・・・・雪の山中に一人?

いえ・・・・
一人の男性が私の後ろに距離を取って歩いている・・・・
先ほども私が落とした荷物を拾ってくれた

この方 名前も知りませんが 以前新潟で一緒に雪をかき分け歩いた事があり心強い。
こんなところでお会いするなんてびっくりです。

ベテランなのに歩くのが遅い?
いえ
多分私を見ていてくれるんだ 

そう思って迷惑をかけないように何度も転びつつも懸命に登った

雪が深く登りもきつかったので私の足で1時間以上かかり山頂へ。
皆 疲労困ぱいで汗だくだが一様に笑顔
持っているペットボトルは凍り付きマイナス20度と聞かされても信じられない程体が熱い

でもあれ?
線路見えないじゃん・・・・・!!
Σ(゚ロ゚」)」びっくり
CIMG0731.jpg


「3年前までは・・・」
「5年前は・・・」そんな言葉が飛び交う。
えぇ~~!?Σ( ̄Д ̄;)

そう・・・・木は成長する。
まぁ・・丸ハゲの山より健全である。
仕方がない。そう思って枝の隙間を探しセット

サイドは脚立&長身でないと無理ですね

このロケーション!枝があってもまぁいいや!
そんな感じ・・・・

sakura498.jpg

実は
私の安いサブカメラを相棒Yちゃんに持たせてあったのですが・・・・
連写もろくに出来ないカメラで見事に枝の薄い部分でシャッターをモノにしていました。
連れまわしてるうちに追い越されたらしいです・・・
Σ(|||▽||| )ヤバイ・・・

食べ物につられてどこでも付いてくる
鉄道の話をふられてもわからないので笑ってごまかすYちゃん作↓ 完敗です。
brog02.jpg

brog01.jpg

この後も完敗はつづく・・・・

極寒俯瞰への応援に下記画像をクリックお願い致します↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
*コメントはイタズラ防止の為表示にお時間がかかります。ご了承下さい



















<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。